当社の「技術・開発力」と、大学の業務と情報システムに精通している株式会社金沢総合研究所(KRI)の「業務知識」により、拡張性・保守性に優れた、止まらない「インターネット出願サービス」を提供・サポートいたします。


受験生のメリット
 

 

「手軽さ」と「ゆとり」の出願

-利便性向上

  • 願書が手元になくても出願が可能
  • 願書の記載注意事項を気にせず出願(入力ミスや入力漏れはシステムが制御)
  • 手書きによる願書・入学手続き書類の記入の煩わしさからの解放
  • 出願情報の一時保存と出願ステータスの確認が可能(マイページ)
  • 自宅からでも24時間出願と複数の決済方法(クレジットカード、コンビニ、銀行(Pay-easy))
  • 期間内であれば入試直前まで出願可能

学校のメリット
 

 

「作業負荷軽減」と「コスト削減」

-業務効率化

  • 願書や入学手続き書類の印刷・発送作業負荷軽減
  • 出願者の取り込みの機会損失の低減(出願期間の拡大、入学検定料割引)
  • 願書の確認作業の負荷軽減、会計作業の負荷軽減(過入金の返金処理、入金額不足分の請求処理、支払期限誤りの対応)
  • 最新の出願および入金状況の照会
  • マスターコード設定等のシステム導入時の初期設定作業は弊社が対応
  • 低コスト・短期間での利用が可能
  • 拡張性・保守性に優れた高信頼性のサービスの提供

サービス概要

出願~合否通知~入学手続きを全てオンライン提供

  • 「インターネット出願」と「オンライン入学手続き」のシステムを提案

 

マイページ機能・出願ステータス確認と受験票発行

  • 出願情報の一時保存、出願の追加・変更も可能
  • 出願完了/一時保存や入学検定料の決済状況、調査票受領の有無、受験票の出力有無等の出願ステータスを確認

 

志願者への資料送付業務効率化支援

  • 志願者が、受験票を始め、出願および入学手続きの各種帳票を等WEBサイトからダウンロードし使用
  • 学校から志願者への郵送物の削減を図る

 

学校様独自仕様もスピーディに対応可能

  •  基幹システム(入試・学務・教務)とのシームレスな連携を実現

導入までの流れ

1.ご提案

  • 業務要件、システム構成(オンプレミス、クラウド等)運用要件、導入スケジュール等を確認いたします。
  • 御見積書を提出いたします。

【例】4~7月

2.マスターデータ設定

入試日程、出願方式、学部・学科・課程/コース、科目、受験場所、入学検定料等を作成し、設定いたします。

【例】8月

3.開発・テスト

貴校のご要件に合わせたシステム設定・構築、カスタマイズ開発、テストを行います。

【例】8~9月

4.導入

システムの導入・検収、操作説明を行います。

【例】10月

5.運用・ヘルプデスク

システムの運用・監視を行います。貴校ご担当者や出願者からの問い合わせ対応いたします。

【例】11月~3月

インターネット出願サービスに関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

お問い合わせ:営業企画部

       インターネット出願担当

電話番号:03-6400-7001