標的型メール、ホントに対処できますか?・・・国内のウイルス発見・届出件数は2005年をピークに減少※1していますが、2011年9月に発生した某大手防衛産業メーカーに対する標的型攻撃に代表されるように、近年は特定の企業・組織を狙った標的型メール攻撃による、重要情報の窃盗などのサイバー犯罪の脅威が増大している※2と言われています。

毎日の業務で当たり前のように使うコミュニケーションツールだからこそ、一つひとつの取り扱いが疎かになりやすいのがメールです。

「標的型メール訓練サービス メル訓クラウド」は、これまで専門家の支援が不可欠だったメール取扱訓練を、お客様自身が容易に実施して頂けるよう、弊社が中央省庁に10年以上、延べ10万以上のユーザに提供してきた「メール取扱訓練」のノウハウを詰め込んだシステムやコンテンツ類をパッケージ型のワンストップ・クラウドサービスとしてご提供いたします。

 

※1 :IPA コンピュータウイルスの届出状況より
※2 :IPAテクニカルウォッチ 標的型攻撃メールの分析に関するレポートより

サービス概要

メル訓クラウドは、メール取扱訓練を行うために必要な、以下のシステム・コンテンツ類をパッケージ化したクラウドサービスです。

  1. メール取扱訓練実施計画の策定支援
  2. 訓練用メールの素となるテンプレート、および訓練用メールのカスタマイズ支援
    添付ファイルはHTML形式の方に、Microsoft Word 2007形式、およびPDF形式に対応
    全てウイルスなどの不審なプログラムは含まれておりません
  3. 訓練用メールの送信スケジュール登録、および登録された情報に基づく自動的な訓練用メールの送信
  4. 訓練用メールの開封者を対象とした教育用コンテンツと、意識調査用のアンケートシステム
  5. 訓練用メール開封状況および意識調査アンケートの回答結果の集計・報告
    部門毎の集計だけでなく、部門・役職毎のクロス集計もサポートしております
    ※標準サービスでは開封者個人の特定はできません。別途オプションサービスとして、開封者個人を特定できるログをExcelファイルにてご提供しております。(価格については下記『標準価格』にて記載)
  6. 各システム・ツール類の使い方を解説したオンラインマニュアル

 

ご利用には「Internet Explorer」や「Mozilla Firefox」などのWebブラウザが必要になります。

訓練用メールのテンプレートと、訓練用メールのカスタマイズ機能

メール取扱訓練の実施において、最も難しいのが「訓練用メール案の検討・策定」です。専門家による支援の多くは、この工程が関わっており、メール取扱訓練を容易に実施できない原因でした。
メル訓クラウドは、訓練用メールの素「テンプレート」を多数用意する事、テンプレートを基に訓練用メールをカスタマイズする機能を用意する事で、この問題を解決いたしました。

 

テンプレートには、実際に標的型メールで送りつけられてくる※3、業務メールを模したメールを中心に、多数用意いたしました。
テンプレートはそのまま訓練用メールとして用いる事も可能ですが、よりお客様の内部で流通しているメールに近づけるために、簡単にカスタマイズできる機能をご用意いたしました。画面の指示に従って2、3項目を入力するだけで、お客様オリジナルの訓練用メールを作成する事ができます。

 

テンプレートは、適宜追加・更新を予定しております。

 

※3 :警察庁 標的型メール攻撃事案の把握状況について より

訓練用メールの送信スケジュール登録機能

訓練用メールを準備しても、それを社員・従業員などの訓練対象者宛てに送りつけるためには、専用のメール送信用ソフトが必要になります。

 

またお客様のメールサーバや、ヘルプデスクなどの問合せ窓口担当の負荷を考慮してのスケジューリング機能がないと、訓練実施時に様々なトラブルが発生する事が想定されます。

 

メル訓クラウドは、訓練用メールの送信に特化したメール送信用ソフトを標準でご用意いたしました。
訓練用メールを送り始める日時、メールの送信間隔、誰に対して送るのかを記したリストの登録、そしてどの訓練用メールを送るのかを選択するだけで、誰でも簡単に訓練用メールの送信が行えます。

 

しかも登録したスケジュールに従って自動的に訓練用メールが送られるので、例えば深夜に訓練用メールを送るといった事が簡単に実現できます。

訓練用メール開封者を対象にした教育用コンテンツの表示

訓練用メールを誤って開封(添付ファイルを開く、本文中のリンクをクリックする)してしまった方を対象に、その場でパソコンなどの端末の画面上に教育用コンテンツを表示させます。

 

これにより、誤った対応をした事を視覚的に訴えるのと同時に、その場で正しいメールの取扱い方などの教育を行う事ができます。
またこのような画面を見せる事で、セキュリティ意識の向上を図る事が可能です。

部門別、部門・役職クロス集計をサポートした、訓練実施結果の集計・報告機能

訓練用メールの開封状況は適宜集計しており、結果は表形式で分かりやすく表示されます。

集計は予め登録していただいた情報を基にした「部門別集計」の他に、「部門・役職別のクロス集計」機能にも対応しております。
これにより部門間だけでなく、役職(年代層など)毎の違いは無いかをご確認いただけます。

 

実施結果はCSV形式のファイルでダウンロードできますので、表計算ソフトなどに取り込んで頂き、綺麗に整形した上で上長や役員などへの報告用資料としてお使い頂く事も可能です。

 

※標準サービスでは開封者個人の特定はできません。別途オプションサービスとして、開封者個人を特定できるログをExcelファイルにてご提供しております。(価格については下記『標準価格』にて記載)

標準価格

メル訓クラウドは、ライセンス制のクラウドシステムです。1ライセンスにつき、訓練用メールを1通送信する事ができます※4
(有効期限はご購入後6カ月間となります。)

ライセンスの標準価格は下表のとおりです。詳しくは下記「お問い合わせ・お申し込み」よりお気軽にお問い合わせ下さい。

ライセンス数

標準価格(税抜)

500ライセンス

250,000円

1,000ライセンス

500,000円

5,000ライセンス

2,500,000円

※4 :動作確認用のテストメールは、ライセンスを消費する事なく送信する事ができます(一部制限あり)。

また、オプションとして開封者個人を特定できるログのご提供サービスをご用意しております。
ログのご提供は1回当たり¥7,000(税抜)となります。

パートナーについて

メル訓クラウドは、当社直販だけでなく、パートナー企業による紹介・販売も行っております。
2012年4月現在のパートナーは下記のとおりです(順不同)。

同社が提供しているクラウドサービスを利用させて頂いております

 

各パートナー様による紹介・販売につきましては、各パートナー様のお問い合わせ先までお願いいたします。

現在メル訓クラウドのパートナーを募集中です。詳しくは下記「お問い合わせ・お申し込み」よりお問い合わせ下さい。

関連情報