アイエックス・ナレッジ株式会社は、“情報サービスを通じ人と社会の豊かさに貢献する”という企業理念のもと、持続可能な社会の実現に向けた世界共通の目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」を経営課題の一つと捉え、全社一丸となって推進する事業活動を通じて、その達成に向け積極的に貢献してまいります。

 

アイエックス・ナレッジ株式会社
代表取締役社長 安藤 文男

 

 

SDGs取り組み方針

当社は、企業理念と行動指針に基づき、持続的成長と企業価値の向上に努め、「平和と公正な社会」「すべての人が生き生きと活躍できる社会」「豊かで持続可能な社会」という3つの社会の実現に貢献できるよう、以下の取り組みを推進してまいります。

 

1.平和と公正な社会の実現に貢献 ~公平で平等な企業活動の推進~

2.すべての人が生き生きと活躍できる社会の実現に貢献 ~人材育成や女性活躍の推進~

3.豊かで持続可能な社会の実現に貢献 ~ITを活用した付加価値の創出~

 

SDGsへの取り組み

目指す姿

企業としての継続的な成長を通じて社会からの信頼を高め、公平で平等な企業活動により平和と公正な社会の実現に貢献します。

IKIの取り組み

  • コーポレートガバナンス体制の強化による公平な意思決定の実施
  • 事業展開に即した法務機能の充実や内部通報制度等による、コンプライアンス経営の強化
  • 関係諸法令に従った、ステークホルダーへの情報開示の徹底
  • ISO/IEC27001(ISMS)」および「ISO9001」の認証取得と維持管理により、情報セキュリティ管理、システム開発における品質管理を徹底
  • 国籍や人種、性別を問わない、公平で平等な人材の雇用と登用

 

 

 

 

 

目指す姿

人材育成や女性の活躍推進、広く次世代を担う人材の創出とその支援に取り組み、すべての人が生き生きと活躍できる社会の実現に貢献します。

IKIの取り組み

 

  • ワークライフバランスや女性活躍推進などの働き方改革の積極的推進
  • 社員が健康的に働くことができる環境の整備と支援
    (健康経営宣言および健康優良企業「金の認定」の継続)
  • 次世代を担う子どもたちの学習機会の創出(ロボット&プログラミング教室の開催)
  • 障がい者雇用を目的とした業務創出
  • 障がい者の社会参加を支援
  • 国内外の飢餓・災害対策を支援

 

 

 

 

 

目指す姿

情報サービス企業として培ってきた業務知識や技術力とともに、先端技術を活用した高付加価値サービスの創出によって、豊かで持続可能な社会の実現に貢献します。

IKIの取り組み

 

  • DXやデジタル化等の技術を活用し、産業発展に寄与
  • IT業界団体との連携を図り技術革新を追求
  • パートナー企業との連携強化による高品質・高付加価値なITサービスの提供
  • 先端技術を活用した、豊かな社会を実現するプラットフォームサービスの提供
  • 社会インフラとしての情報システムの安定的な稼働を支え、安心・安全な社会生活の維持に貢献
  • ITサービスを活用し、環境課題に対応

 

 

 

 

SDGsとは

 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定された
ミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

 

引用:外務省HP SDGsとは?

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html