アイエックス・ナレッジ教育体系概略

アイエックス・ナレッジでは、個人の力を最大限に引き出すために以下の教育体系を設けています。
自ら学ぶ姿勢を大前提にし、各人の自主性に応じて様々なスキルを身に付けていけるサポート体制となっております。

内定者研修

内定者のみなさんには、学習教材を配布します。教材は、ビジネスマナーや一般業務で使うソフト、プログラミングに関するものなどです。
また、学習は計画的に実施いただくことを考慮し、一部eラーニングを使っての学習となります。
これにより、新入社員研修に必要な基礎知識を得ていただくとともに、社会人としての計画性・自主性を養っていただきます。

新入社員研修

入社後の新入社員研修では、ビジネス基礎研修として、社会人としての意識と行動について考えていただき、学生から社会人への意識変革をしていただきます。
技術研修では、コンピュータの基礎知識を学び、さらにプログラミング言語やアルゴリズムなどの考え方を学びます。
また、システム研修ではビジネス基礎研修で学んだことが実践できるか体験を通し、最終的には“技術のわかるビジネスパーソン”を目指します。

OJT訓練

新入社員研修が終わり、配属された各部門でOJT訓練が実施されます。
数か月間にわたり、先輩方から指導を受けながら、業務知識を身に付けていただきます。

技術系研修

担当する業務で使用する技術や知識などを、集合研修や、eラーニングを活用して学ぶことが出来ます。
また、OJTによっても技術、知識を身に付けられます。

営業教育

交渉力研修などで基本的な知識・スキルを身に付け、営業研修にて、営業活動における一連の仕事の流れを学ぶことが出来ます。

ビジネス・ヒューマンスキル研修(人間力向上)

ビジネスの現場で必要になる業務知識やビジネスの知識について、分野ごとに学ぶことが出来ます。
また、経験や年次に応じたヒューマンスキル、リーダーシップ、ファシリテーションなどについて、体系的に学ぶことが出来ます。

階層別研修

人材育成のための研修は、新入社員研修から始まり、若手社員研修(2年次、3年次)へと続きます。
その後は、これからプロジェクトを率いていただく方のためのリーダー研修、管理職のためのマネジャー研修があります。

新入社員研修

新入社員研修の前半は、ガイダンスやビジネスマナー研修など社会人としての基礎教育を行います。後半は、コンピュータ基礎やプロジェクトの疑似体験まで、システムエンジニアとしての基礎教育を行います。パソコンに触れたことのない方も、プログラムが組めるまでスキルアップが図れますので安心してください。

この研修では、みなさんの自主性、積極性を重視しています。常に向上心をもって取り組んでもらいます。

新入社員研修カリキュラム(2018年度実績)

期間

内容

4月上旬

入社式、ガイダンス、ビジネス基礎研修など

4月中旬~4月下旬

基礎技術研修(社内システム、コンピュータ基礎)

4月下旬~6月下旬

技術研修(C言語・Java言語)

6月下旬

配属前フォローアップ研修(ビジネス研修)

6月下旬

部門配属、ガイダンス

7月上旬~9月下旬

OJT研修